笑い!驚き!そして成長が見られた「普通科スキットコンテスト」

「スキット」とは日本語で「寸劇」を意味します。

千葉英和では、5~6人のグループで英語を使った劇を披露し競い合う「スキットコンテスト」を実施しています。

アクティブラーニング推進の一環として位置づけ、英語学習への意欲向上を図ることを目的にしています。

生徒たちは、台本をベースにストーリーをアレンジして、『自分の言葉』を英語にしながら、グループならではのストーリーを組み立てていきます。普通科スキットコンテストWEBアップ用

2月12日(金)は、1、2年生普通科の本選が、チャペル講堂で行われました。ユーモアある劇ばかりで、会場を笑い驚きで包み込みました。

普通科スキットコンテストWEBアップ用②

生徒自身が、「英語を人前で話す」といった恥ずかしさを克服し、堂々と話す姿にとても感心しました。